コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NK 細胞

世界大百科事典内のNK 細胞の言及

【免疫】より

…このようにして,それぞれの動物種は,もともとある種の感染症から免れるように生まれついている。そのほかにも,自己でないような異種の細胞やウイルス感染などで変化した細胞が生体内に存在すると,個体は非特異的な液性因子,たとえばリゾチームや補体成分などでそれを破壊しようとするし,ナチュラルキラー細胞natural killer cell(NK細胞と略記)と呼ばれるリンパ球系細胞は,それに初めて出会ったにもかかわらず異物と認めて破壊してしまう。さらに拡大して考えると,O型の人は,輸血を受けたことがないにもかかわらず,もともとA型赤血球に対する少量の抗体をもっているし,自然界に存在するさまざまな抗原物質に対して,これまで接触した経験がないのに,しばしばきわめて微量の抗体をつくりつづけている場合も多い(これを自然抗体という)。…

※「NK 細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

NK 細胞の関連キーワードブラウン(Robert Brown、植物学者)natural killer cell血液、造血器のしくみとはたらきスモールワールド・ネットワーク慢性活動性EBウイルス感染症注目を浴びる血管新生阻害剤ナチュラルキラーT細胞免疫のしくみとはたらきニューロコンピュータ抗腫瘍性サイトカインナチュラルキラー細胞生物学的反応修飾物質ムンプスウイルスインターフェロンジーンバンクR組換えDNA樋口 宗孝染色体地図遺伝子工学

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

NK 細胞の関連情報