コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小腸腫瘍 しょうちょうしゅようtumor of the small intestine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小腸腫瘍
しょうちょうしゅよう
tumor of the small intestine

原発性の小腸腫瘍は比較的少く,日本では消化管腫瘍全体の1%前後である。悪性腫瘍では癌腫が最も多くて過半数を占め,ほかに肉腫カルチノイドなどがある。一般的に癌腫は上部小腸に多く,十二指腸 40%,空腸 38%,回腸 22%という統計がある。肉腫は下部小腸ほど多い。良性腫瘍は腺腫が最も多く,脂肪腫,筋腫,線維腫,血管性腫瘍,神経性腫瘍の順となっており,これらの大部分は無症状に経過する。腺腫は回腸に最も多く発生し,十二指腸,空腸の順になる。十二指腸腺腫の半数は粘膜下組織に存在する粘液腺であるブルンネル腺の腺腫である。脂肪腫は回腸に発生しやすい。治療には,病巣部切除と,必要に応じてのリンパ節郭清が行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小腸腫瘍の関連キーワードカルチノイド症候群腸重積症原発性

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小腸腫瘍の関連情報