POTS

ASCII.jpデジタル用語辞典「POTS」の解説

POTS

従来のアナログ電話回線サービス、もしくは、これらのアナログ通信で利用していた0~4kHz程度の低い周波数帯域部分をPOTSと呼ぶ。ADSL技術などの開発により、従来銅線を使った電話回線でも高速なデータ通信ができるようになってきたが、これらの技術では、より高い周波数帯域部分を利用して10Mbpsを超えるような高速データ通信を実現している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android