コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Parama-śiva Paramasiva

世界大百科事典内のParama-śivaの言及

【シバ派】より

…もとは,上述の聖典シバ派と同じ聖典をいただいていたようであるが,9世紀にバスグプタが《シバ・スートラ》を著してから,不二一元論の傾向を強めていき,その弟子バッタ・カッラタとソーマーナンダによって,神学的な基礎が形づくられた。この派によれば,輪廻する生きとし生けるものの個我は,実は,絶対者である最高のシバ神(パラマ・シバParama‐śiva)とまったく同一である。われわれがこの迷いの輪廻の世界に苦吟しているというのは,みずからが本来はシバ神と同一であることを,無知のゆえに自覚できないでいることによる。…

※「Parama-śiva」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Parama-śivaの関連キーワード波羅蜜ハフニウムケイ素ゲルマニウムスズ炭素カイラーサ[山]大自在天チタン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android