コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハフニウム ハフニウム hafnium

翻訳|hafnium

6件 の用語解説(ハフニウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハフニウム
ハフニウム
hafnium

元素記号 Hf ,原子番号 72,原子量 178.49。周期表4族に属する。天然には常にジルコニウムに伴って産出し,単独の鉱物は知られていない。地殻存在量は 3.0ppm,海水中の含有量は 0.008 μg/l 以下。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハフニウム(hafnium)

チタン族元素の一。単体は灰白色の金属。ジルコニウム鉱物中から発見。コペンハーゲンラテン語名ハフニアにちなみ命名。元素記号Hf 原子番号72。原子量178.5。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハフニウム

元素記号はHf。原子番号72,原子量178.49。密度13.310,融点2230℃,沸点5197℃。周期律表4(IVA)族のチタン族元素の一つ。1923年ヘベシーとコスターが発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハフニウム【hafnium】

周期表元素記号=Hf 原子番号=72原子量=178.49±3地殻中の存在度=3ppm(41位)安定核種存在比 174Hf=0.163%,176Hf=5.21%,177Hf=18.56%,178Hf=27.1%,179Hf=13.75%,180Hf=35.22%融点=2150℃ 沸点=5400℃比重=13.31(20℃)電子配置=[Xe]4f145d26s2 おもな酸化数=IV周期表第IVA族に属するチタン族元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハフニウム【hafnium】

4 族(チタン族)に属する遷移元素の一。元素記号 Hf  原子番号72。原子量178.5。灰色の金属。物理的・化学的性質はジルコニウムに似る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハフニウム
はふにうむ
hafnium

周期表第4族に属し、チタン族元素の一つ。原子番号72、元素記号Hf。つねにジルコニウムと随伴し、化学的性質が酷似して分離が困難であったため、発見が確認されたのは1923年である。それに先だつ1907年フランスユルバンGeorges Urbain(1872―1938)はランタノイドの最終元素71番ルテチウムに引き続いて72番の新元素セルチウムceltiumを発見したと主張したが、デンマークの理論物理学者ボーア、ハンガリーのヘベシーらのコペンハーゲン学派は、古典量子論に基づく元素の電子配置から、72番元素はジルコニウムあるいはトリウムに類縁性があるとして、ジルコニウム鉱物からこれを発見し、コペンハーゲンのラテン語名ハフニアHafniaからハフニウムと命名した。
 ジルコニウム鉱物中にZr:Hf=60:1程度の比率で含まれ、イオン交換法、溶媒抽出法などによって両者が分離される。酸化数+が化学的に安定で、原子半径(1.6Å)、イオン半径(0.78Å)はジルコニウムとほとんど同じであり、ジルコニウムとほとんど同じ化合物を生成する。比重はジルコニウムの約2倍で中性子吸収断面積は約600倍である。吸収断面積の小さなジルコニウムは原子炉材料となり、その際数百ppm以下にまで除かれるハフニウムが副産物として得られ、中性子を吸収する制御材として利用される。細粉状の金属は室温でも発火性がある。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハフニウムの言及

【ジルコニウム】より

…化合物はほとんどが酸化数IVであり,IIおよびIIIはハロゲン化物など少数が知られている。
[製法]
 製錬原料のジルコンにはつねにハフニウムHfが少量含まれるが,ハフニウムは熱中性子吸収断面積が大きいため(110バーン),原子炉の燃料被覆材として使用するためには,ハフニウムの含有量は0.01%以下にする必要がある。まず鉱石を炭素とともにアーク炉で熱して還元し,ケイ素の大部分を二酸化ケイ素として除き炭化ジルコニウムとする。…

※「ハフニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハフニウムの関連キーワードオスミウムサマリウム白金スズニッケルネオジムバリウムルテニウム元素記号

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハフニウムの関連情報