コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pinterest ぴんたれすと Pinterest

2件 の用語解説(Pinterestの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

Pinterest

画像に特化したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。米国のCold Brew Labs社が運営しており、2012年6月現在で、日本語版はないが、日本国内からも利用はできる。気軽に画像を収集できる点が人気で、10年3月に開始されて以来、急速にユーザー数を増やしており、12年6月時点の利用者数は、米国で1800万人以上となっている。
ユーザーは、ウェブ上に掲載されている写真や動画などで気に入ったものを、Pinterest内の自分専用のページに収集、分類する。自分専用のページには、「ボード」と呼ばれる画像貼り付け用のエリアが作成できるため、ユーザーは、任意のジャンルごとにボードを作成し、各ボードのジャンルに関連する画像を収集していく。
他のSNSでは、記事の掲載を「投稿」などと呼ぶが、Pinterestでは、画像を貼り付ける操作を「Pin(ピン)」や「Pinning(ピニング)」と呼ぶ。画像の共有も可能で、他のユーザーのボードに気に入った画像があれば、自分のボードに貼り付けることができるが、この行為は、「repin(リピン)」と呼ばれる。
Pinterestでは、他のSNSのように、フォローコメントも可能だが、あくまでも収集した画像が主体となるため、文章による表現力の代わりに、収集した画像のセンスの良さなどが評価される。ユーザーは、収集した画像を基にして、趣味やセンスの似通った人々と交流していく。特に女性に人気があり、利用者の8割は女性である。
しかし、他のサイトから勝手に画像を取り込むことは、著作権の侵害になる可能性も高い。運営会社は、貼り付けた写真の著作者を表記するよう勧めているが、実際に著作者表記をしているボードは少ない。そこで、運営会社は、12年2月に、ピニングを防止するための「nopin」メタタグを用意した。ピニングされたくないウェブサイトの運営者は、このメタタグを使用することで、無許可のピニングを防止できる。

(横田一輝  ICTディレクター / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterestが提供する写真共有サービス、またそのサービスを利用するためのPC、スマートホン向けアプリケーションの名称。テーマ別の画像コレクションを作成し管理・公開することができる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Pinterestの関連キーワードソーシャルネットワーキングサービスソーシャルネットワーキングサイトソーシャルアプリケーションソーシャルゲームソーシャルネットワークバーチャルソーシャルグラフリアルソーシャルグラフソーシャルサービスソーシャルプラットホームソーシャルデトックス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

Pinterestの関連情報