Q(読み)きゅー

日本大百科全書(ニッポニカ)「Q」の解説

Q
きゅー

英語アルファベットの第17字。喉音(こうおん)kに類似した音を表したセム文字に由来し、エトルリア文字を経由してラテン語に取り入れられた。ラテン語アルファベットにはk音を表す文字はk、c、qの三つの文字があり、qは、uがその後ろにあるときのk音を表すのに用いられ、この用法はほぼ踏襲されている。古英語ではqは用いられず、cwまたはのちになってkwが用いられた。Qの形は、Oが基礎になっている。第一次世界大戦中、ドイツ潜水艦を誘撃するために、イギリス海軍は商船などに仮装した武装艦を用いたが、それをQボートと命名した。Q.E.D.(quod erat demonstrandum)は、数学で、証明の終了を示すのに用いる。

[斎藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android