コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Robinson,T. RobinsonT

世界大百科事典内のRobinson,T.の言及

【アメリカ美術】より

…19世紀後半には,W.ホーマー,T.エーキンズらの写実的傾向,A.P.ライダーらの幻想的表現が見られた。他方,J.A.M.ホイッスラーやM.カサットはヨーロッパで印象派と深くかかわり,ロビンソンTheodore Robinson(1852‐96),C.ハッサム,トワクトマンJohn Henry Twachtman(1853‐1902),パリとロンドンで肖像画家として活躍したJ.S.サージェントらが印象派の画風を持ち帰る。すなわち,アメリカ独自のビジョンを求める系列と,ヨーロッパのラファエル前派や印象派を吸収した系列が交差しつつ展開したのがこの時期の美術である。…

※「Robinson,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Robinson,T.の関連キーワードソロンチャクエマーソンボルティモア・オリオールズロビンソン(Henry Peach Robinson)Robinson Crusoeロビンソン風速計ロビンソンクルーソー島チャールズロビンソン・クルーソー溶脱

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android