コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロビンソン風速計 ロビンソンふうそくけいRobinson's cup anemometer

2件 の用語解説(ロビンソン風速計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビンソン風速計
ロビンソンふうそくけい
Robinson's cup anemometer

3個または 4個の半球形の風杯をつけた風速計。1846年アイルランドのトマス・ロムニー・ロビンソンが考案した。日本の風観測で最も親しまれた風速計である。風程 100mごとに電気接点が開閉するようになっていて,電気盤または自記電接計数器とともに使用され平均風速を測定する(→風速)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロビンソン‐ふうそくけい【ロビンソン風速計】

Robinson anemometer》自由に回転する直立軸の腕に3個または4個の半球(風杯)を取りつけ、直立軸の回転数から風速を求める器械。アイルランドの物理学者トーマス=ロビンソンによって1846年に考案されたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone