コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロビンソン風速計 ロビンソンふうそくけいRobinson's cup anemometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビンソン風速計
ロビンソンふうそくけい
Robinson's cup anemometer

3個または 4個の半球形の風杯をつけた風速計。1846年アイルランドのトマス・ロムニー・ロビンソンが考案した。日本の風観測で最も親しまれた風速計である。風程 100mごとに電気接点が開閉するようになっていて,電気盤または自記電接計数器とともに使用され平均風速を測定する(→風速)。しかし,風速や風の乱れの大小によって風杯の回転が変化しやすい。気象庁では,1886年から 1960年頃まで使用された。以降も,鉄道の鉄橋,高速道路の橋桁やビルの屋上などで見かけられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロビンソン‐ふうそくけい【ロビンソン風速計】

Robinson anemometer》自由に回転する直立軸の腕に3個または4個の半球(風杯)を取りつけ、直立軸の回転数から風速を求める器械。アイルランドの物理学者トーマス=ロビンソンによって1846年に考案されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロビンソン風速計の関連キーワード風向計

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロビンソン風速計の関連情報