ロビンソン風速計(読み)ロビンソンふうそくけい(英語表記)Robinson's cup anemometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビンソン風速計
ロビンソンふうそくけい
Robinson's cup anemometer

3個または 4個の半球形の風杯をつけた風速計。1846年アイルランドのトマス・ロムニー・ロビンソンが考案した。日本の風観測で最も親しまれた風速計である。風程 100mごとに電気接点が開閉するようになっていて,電気盤または自記電接計数器とともに使用され平均風速を測定する(→風速)。しかし,風速や風の乱れの大小によって風杯の回転が変化しやすい。気象庁では,1886年から 1960年頃まで使用された。以降も,鉄道の鉄橋,高速道路の橋桁やビルの屋上などで見かけられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロビンソン‐ふうそくけい【ロビンソン風速計】

Robinson anemometer》自由に回転する直立軸のに3個または4個の半球(風杯)を取りつけ、直立軸の回転数から風速を求める器械。アイルランドの物理学者トーマス=ロビンソンによって1846年に考案されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ロビンソン‐ふうそくけい【ロビンソン風速計】

〘名〙 (ロビンソンは Robinson 発明者のアイルランド人の名から) 自由に回転する直立軸に三個または四個の半球(風杯)をもった腕を取りつけ、直立軸の回転数から風速を求める器械。
※天災と国防(1934)〈寺田寅彦〉「しかもロビンソン風速計で測った平均風速だけを目安にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android