コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロビンソン風速計 ロビンソンふうそくけい Robinson's cup anemometer

2件 の用語解説(ロビンソン風速計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビンソン風速計
ロビンソンふうそくけい
Robinson's cup anemometer

3個または 4個の半球形の風杯をつけた風速計。1846年アイルランドのトマス・ロムニー・ロビンソンが考案した。日本の風観測で最も親しまれた風速計である。風程 100mごとに電気接点が開閉するようになっていて,電気盤または自記電接計数器とともに使用され平均風速を測定する(→風速)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロビンソン‐ふうそくけい【ロビンソン風速計】

Robinson anemometer》自由に回転する直立軸の腕に3個または4個の半球(風杯)を取りつけ、直立軸の回転数から風速を求める器械。アイルランドの物理学者トーマス=ロビンソンによって1846年に考案されたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロビンソン風速計の関連キーワード北半球穹窿西半球東半球風速計マクデブルクの半球南半球神楽鈴雁股ディッシャー