コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SMSA エスエムエスエーSMSA

デジタル大辞泉の解説

エス‐エム‐エス‐エー【SMSA】[standard metropolitan statistical area]

standard metropolitan statistical area》米国で標準大都市地区。大都市と日常生活上関係をもつ地域範囲を統計的に示したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のSMSAの言及

【都市圏】より

…それらは観点やアプローチが異なるのであるが,事象,構造などは都市圏とまったく同じである。 さらに,アメリカ合衆国では,人口5万以上の都市周辺地域の農村で,非農家が多く,中心地への通勤者が多くて,その中心都市との結びつきが強い場合,その地域と中心都市とを併せて標準都市統計地区standard metropolitan statistical area(SMSA)という行政単位をセンサスで用いているが,このSMSAも都市圏と同義と考えてよい。なおイギリスでは,関係が深く市街地が接している都市群を併せてコナーベーション(連接都市)と呼んでいるが,これも都市圏と同じと考えてよい。…

※「SMSA」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SMSAの関連キーワードstandard metropolitan statistical area都市(地理学)コナベーション

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android