コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Saint-Georges SaintGeorges

世界大百科事典内のSaint-Georgesの言及

【ボーモン】より

…ディジョン近傍の古都トネールに零細貴族の子として生まれ,文才とフェンシングの特技によってルイ15世直属の〈王の機密局Secret du roi〉に抜擢され,女帝エリザベータ・ペトロブナのロシア帝室に女装をして潜入(1755),七年戦争におけるロシアとフランスの間を調停した。後に同じく〈女装の騎士〉としてジョージ3世治下のイギリスに全権委任大使として赴任(1762),ルイ15世没後は,8年の帰仏時を除いてはロンドンにとどまったが,女装のまま当代最高といわれた剣術家サン・ジョルジュ騎士le chevalier de Saint‐Georgesと決闘するなどの逸話を残した。42歳から80歳までを女装で過ごした彼を,イギリスの性心理学者H.H.エリスはトランスベスティズム(服装倒錯)の典型とみなし,以来異装趣味はエオニズムeonismとも称される。…

※「Saint-Georges」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Saint-Georgesの関連キーワードサンテチエンヌ大聖堂TNPサンピエール大聖堂サンルイ島セントクリストファー・ネービス城山堅サンベルナール峠聖者伝マザー・テレサル・ゴフ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android