サンピエール大聖堂(読み)サンピエールダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

サンピエール‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【サンピエール大聖堂】

Cathédrale Saint-Pierre》スイス、ジュネーブの旧市街にある大聖堂。12世紀から13世紀にかけて建造。度重なる改築や増築を経て、ロマネスク様式やゴシック様式が混在した現在の姿になった。宗教改革の指導者、ジャン=カルバンの布教の本拠地としても知られる。地下に考古学資料館、隣接して国際宗教改革博物館がある。
Cathédrale Saint-Pierre de Nates》フランス西部、ロアール‐アトランチック県、ロアール川下流の河港都市ナントにあるゴシック様式の大聖堂。1434年に着工、1891年に完成。ブルターニュ大公フランソワ2世の墓所がある。16世紀フランスの彫刻家ミシェル=コロンブが手がけた装飾は、初期ルネサンス様式の傑作とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android