コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WF(読み)ダブリューエフ

翻訳|

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐エフ【WF】[work factor method]

work factor method》ワークファクター法。動作分析により標準作業時間を決める方法の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のWFの言及

【作業研究】より

…使用目的による作業時間の許容精度を考えて,できるだけ簡易な時間設定法を用いるのがよい。簡易な順に作業時間設定の手法をあげると,経験見積り法,ワークサンプリング,ストップウォッチ法,時間公式・標準資料法,MTM(methods time measurement),WF(work factor)などがある。ストップウォッチ法は,ある作業活動の全部を観測してそれを構成する要素作業ごとの時間をとらえ,作業時間を設定する方法であり,これに対してワークサンプリングは,作業活動の中からサンプリング時点の現象のみを観測して統計的に推定する方法である。…

※「WF」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

WFの関連情報