コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Weaver,J.B. WeaverJB

世界大百科事典内のWeaver,J.B.の言及

【ポピュリスト党】より

…長期的な農村不況,生産諸経費の高騰,鉄道・倉庫料金の独占的なつり上げ,通貨デフレ等に対する農民の不満の高まりが結成の原因であった。全国政党としてのポピュリスト党は1892年7月,ネブラスカ州オマハで第1回の全国党大会を開き,通貨増発,累進所得税,鉄道・電信電話の国営化,秘密投票制度,人民発議,人民投票,大統領の任期制限と上院議員の直接選挙を要求する綱領を採択,ウィーバーJames B.Weaverを大統領候補に立てた。同党は1892年から1908年まで5回の大統領選挙に候補を送っているが,最も善戦したのはこの1892年と96年の2度で,おもにカンザス,ネブラスカ,コロラドといった大平原と山岳部の諸州,および南部の諸州で得票している。…

※「Weaver,J.B.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Weaver,J.B.の関連キーワードWEAVER森下サトシ原ゆずな葵かほ伊吹るな川咲れいな山本まお吉成りえポピュリスト党翻訳機械

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android