Windows Aero(読み)ウィンドウズ エアロ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Windows Aero

Windows Vistaで採用された、視覚効果の高い新しいデスクトップデザイン。半透明のウィンドウやアニメーション処理が使用され、ウィンドウを立体的に配列した中から選択できるフリップ機能、タスクバーでウィンドウの内容をサムネール表示する機能などが利用できる。利用するにはパソコンに比較的高いグラフィック性能が求められるため、機能を選択できるようになっている。Windows Vistaのほかにも、Windows Server 2008、Windows 7で採用された。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ウィンドウズエアロ【Windows Aero】

マイクロソフトのパソコン向けオペレーティングシステムWindows Vista」で採用されたGUI。3次元グラフィックスを多用して、複数のウィンドウを立体的に重ねたり、タイトルバーステータスバーを半透過で表示したりするなど、見た目の美しさと見やすさの両立を図っている。◇略して「Aero」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報