コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

big gastrin biggastrin

世界大百科事典内のbig gastrinの言及

【ガストリン】より

…1905年イギリスのエドキンズJ.S.Edkinsにより発見され,64年アメリカのグレゴリーR.A.GregoryとトレーシーH.J.Tracyによりアミノ酸17個から成るポリペプチドとして構造式が決定された。その後,血液中ではアミノ酸34個のものが多いことがわかり,17個のものは小ガストリンlittle gastrin,34個のものは大ガストリンbig gastrinとよばれている。いずれも活性中心はC末端の4個のアミノ酸結合である。…

※「big gastrin」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

big gastrinの関連キーワードガストリン