コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッコリー hickory

翻訳|hickory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッコリー
hickory

北アメリカ産のクルミ科の落葉高木であるペカンCaryaの数種の材の総称。材質が緻密で,強く弾性があり,建築,家具,工芸材のほか,特にスキー用材として有名である。種により材質も異なり,カルヤ・ラチニオサ C. laciniosa; big shellbark hickory,カルヤ・オバタ C. ovata; shagbark hickory,カルヤ・トメントサ C. tomentosa; big-bud hickoryなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヒッコリー(hickory)

クルミ科の落葉大高木。葉は羽状複葉。5、6月ごろ、雄花雌花とが咲く。果実は長楕円形で、ペカンといい、食用にする。材は家具やスキー板などに使用。北アメリカ原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヒッコリー

クルミ科の落葉高木。北米東部原産で,日本でも各地に植えられ,東北地方以北ではよく生育する。葉は毛があり,奇数羽状複葉で,小葉は5〜7枚,頂小葉は大きい。雌雄同株

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッコリー【hickory】

北アメリカ原産のクルミ科の高木で,日本にも植栽される(イラスト)。材はスキーの板などに使われた。若枝や葉軸には腺毛があり,芳香がある。葉は羽状複葉で,5~7枚の小葉がある。雄花序は分枝する尾状花序で,新枝の基部に出る。雌花は新枝の先端に短い花序をなす。雌花の外面は薄緑色で毛があり,上部には,三角状の小苞,花被片よりなる4突起に囲まれて,濃赤色のめしべがある。果実はほぼ球形で,4本の縦のくびれがあり,熟すとこの線に沿って割れ,核を出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヒッコリー【hickory】

クルミ科の落葉高木。約20種あり、北アメリカ・中国に分布。種子はナッツとして食用。材をスキー板・器具の柄などに使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒッコリー
ひっこりー
hickory

クルミ科カリア属Caryaに含まれる樹木の一般名。ペカンをはじめ数種からなる。おもな種の原生地は北アメリカで、中国にも分布する。材はスキー、家具その他に使われ、殻果はナッツとして利用される。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒッコリーの関連キーワードヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップマリアン マクパートランドマージョリー ハイアムスキャロライン ベイリードゥワイク ミッチェルロバート ジョンソンジーン シュローダードラム[drums]オールドヒッコリーニューヨーク(市)ジョー マーサラウィンザーチェアホーンズデールジョージア州タラハッシーユタ ヒップ棒高跳びナッツカルヤ薫製

ヒッコリーの関連情報