ccTLD(読み)しーしーてぃーえるでぃー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ccTLD

トップレベルドメインドメイン名の右端の文字列)で、国や地域を表すもののこと。ISO 3166で規定された2文字のカントリーコードに基づいて割り当てられており、日本のccTLDは.jp。ccTLDは原則的にその国の企業や個人を対象に割り当てられるが、一部の国や地域のccTLDの使用権を買い取り、ドメインを登録している企業もある。これらのccTLDは、「co」「ne」などのセカンドレベルドメインが不要なので、覚えやすいという特徴がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐シー‐ティー‐エル‐ディー【ccTLD】[country code top level domain]

country code top level domain》インターネット上のドメインのうち、国や地域ごとに割り振られたトップレベルドメイン(最上位階層のドメイン)のこと。日本の「.jp」、米国の「.us」、イギリスの「.uk」をはじめ、ISO規格で定められた2文字の国別コードに基づいている。nTLD

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android