citoyen

世界大百科事典内のcitoyenの言及

【市民社会】より

…一つは,〈市民〉〈市民的〉に対応する原語の意味内容が大きく変わったことであり,他の一つは,〈社会〉が〈国家〉とは区別される人間の活動領域として自立したことである。 翻訳語としての〈市民社会〉にいう〈市民〉あるいは〈市民的〉に当たる原語は,フランス語とドイツ語とでいえば,それぞれシトアイヤンcitoyen,ブルジョアbourgeoisとビュルガーBürgerであり,それらの形容詞civil,bourgeoisとbürgerlichである。しかし17世紀から19世紀にかけて,これらの原語が同一の意味を持ち続けたわけではない。…

※「citoyen」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android