herpes simplex(英語表記)herpessimplex

世界大百科事典内のherpes simplexの言及

【性行為感染症】より


[ウイルスによる性行為感染症]
 陰部疱疹,伝染性軟属腫,尖圭コンジローマなどがある。単純性疱疹ウイルスherpetoviridaeによる陰部疱疹(単にヘルペスherpes simplexともいう)は,男女の外陰部に小水疱が出現する性病型の疾患であり,多くは初感染のときは症状が出ず,抵抗力が低下したとき発病する。伝染性軟属腫ウイルスによる伝染性軟属腫は,小児にできる通称〈水いぼ〉であるが,成人外陰部に生じたこのウイルスによる腫瘤が性交により相手の外陰部に感染していく。…

※「herpes simplex」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android