コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルペス herpes

翻訳|herpes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルペス
herpes

身体のある部位にほぼ均一性の小水疱が多発した状態をいう。原因により単純疱疹帯状疱疹妊娠性疱疹などがある。現在では,単にヘルペスという時は,単純疱疹のことをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヘルペス

疱疹とも。小水疱または小膿疱が群をなす状態。ウイルスの感染による皮膚病で,単純性疱疹と帯状疱疹がある。単純性疱疹は口唇(こうしん),陰部などにアワ粒大〜米粒大の水疱が小範囲に現れ,軽いかゆみと灼熱(しゃくねつ)感を伴うもので,単純性疱疹ウイルスによって起こる。
→関連項目ウイルス病カポジー水痘様発疹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルペス【herpes】

ヘルペスウイルスによる感染症で,疱疹とも呼ばれる。単純ヘルペスherpes simplexと水痘および帯状疱疹とに大別されるが,ここでは単純ヘルペスについて述べる。単純ヘルペスは,主として口唇,外陰部などに集団をなして小さな水疱を形成し,数日で糜爛びらん)して乾燥し,1週間前後で治癒する。ウイルスは神経節に潜伏して,同じ部位に再発をくりかえすのが特徴である。口唇ヘルペスは,俗に〈風邪の華〉とも呼ばれ,発熱,寒冷,日光,疲労などを誘因として再発することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ヘルペス【herpes】

小水疱・小膿疱が群がってできた状態。疱疹。ヘルペス-ウイルス感染症の単純性疱疹・帯状疱疹などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルペス
へるぺす
herpes

皮膚に小水疱(すいほう)が群がって生じた状態をさす病名で、疱疹(ほうしん)とよばれる。代表的なものにウイルス感染によっておこる単純性疱疹と帯状(たいじょう)疱疹がある。単にヘルペスといえば前者をさすことが多い。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヘルペスの言及

【発疹】より

…高齢者の皮膚にみられる。これらのほかに,皮膚病変を表現する用語としてよく用いられる発疹名に,疱疹herpes(小水疱が集まった状態),苔癬lichen(丘疹が集まった状態)などがある。
【皮膚病と発疹】
 皮膚病は以上述べた発疹の単独あるいはいくつかが混じりあって,その特徴的な臨床像を形成する。…

【水痘】より

…伝染力がつよく,6月ころに小流行をみることがある。ヘルペスウイルスのなかまである水痘‐帯状疱疹ウイルスvaricella‐zoster virusの感染によりおこる。ウイルスは,唾液の飛沫などによって気道から進入し,ウイルス血症をおこして,皮膚に紅斑,水疱を生ずる。…

【性行為感染症】より


[ウイルスによる性行為感染症]
 陰部疱疹,伝染性軟属腫,尖圭コンジローマなどがある。単純性疱疹ウイルスherpetoviridaeによる陰部疱疹(単にヘルペスherpes simplexともいう)は,男女の外陰部に小水疱が出現する性病型の疾患であり,多くは初感染のときは症状が出ず,抵抗力が低下したとき発病する。伝染性軟属腫ウイルスによる伝染性軟属腫は,小児にできる通称〈水いぼ〉であるが,成人外陰部に生じたこのウイルスによる腫瘤が性交により相手の外陰部に感染していく。…

※「ヘルペス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルペスの関連キーワード皮膚に水疱ができるウイルス感染症ほう(疱)疹状皮膚炎性感染症とのどの症状エイズのおもな合併症帯状ヘルペス角膜炎単純ヘルペス眼瞼炎単純ヘルペス結膜炎鯉ヘルペスウイルスウイルス感染症EB ウイルスハント症候群トーチ症候群角膜ヘルペスヘルペス脳炎性行為感染症性器ヘルペス性感染症内田幸男眼感染症垂直感染

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘルペスの関連情報