性感染症(読み)せいかんせんしょう

妊娠・子育て用語辞典の解説

せいかんせんしょう【性感染症】

性的な接触で人から人へうつる病気の総称。STD/STI(Sexually Transmitted Diseases/Infections)と略されます。性器だけでなく、肛門や口からの感染もあります。梅毒、淋菌感染症、性器クラミジア感染症性器ヘルペス尖圭コンジローマ、性器カンジダ症、腟トリコモナス症などほか、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症などがあります。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

性感染症

古典的な性病を始め、性行為を介して伝染する疾患すべてを指し、性行為感染症ともいう。古典的性病には淋病軟性下疳(げかん)、梅毒、鼠径(そけい)リンパ肉芽腫がある。それ以外では、マイコプラズマ性尿道炎、性器ヘルペス、B型肝炎尖圭コンジローム、トリコモナス膣炎、エイズ、サイトメガロウイルス感染症、成人T細胞白血病など。近年、増え続けている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性感染症
せいかんせんしょう
sexually transmitted disease; STD

性行為や性的接触によって感染する疾患の総称。代表的なものは梅毒淋疾,性器ヘルペスウイルス感染症(→単純疱疹),エイズクラミジア感染症腟トリコモナス症カンジダ症尖圭コンジローム軟性下疳サイトメガロウイルス感染症,疥癬ケジラミ症など。性的接触以外に,垂直感染輸血などによって感染するものもある。初期は生殖器系泌尿器系,口腔などに発症し,亢進すると全身に症状を呈するものが多い。旧性病予防法では,梅毒,軟性下疳,淋疾,鼠径リンパ肉芽腫症の 4種が性病として定められていた。今日では,感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律により,梅毒,クラミジア感染症,性器ヘルペスウイルス感染症,尖圭コンジローム,淋疾が 5類感染症に分類されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性感染症の関連情報