コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

interprétation évolutive interpretationevolutive

世界大百科事典内のinterprétation évolutiveの言及

【サレイユ】より

…特筆に価するのは,私法の解釈論において,民法典の教義学的説明に終始した注釈学派école de l’exégèseの方法を排し,法と社会生活との結びつきを重視し,判例の役割を強調した点である。成文の尊重を第一義的としつつも,社会的経済的変化に即応した法文の解釈を要請するこの現実論的・歴史法学的な方法は,進化的解釈interprétation évolutiveと呼ばれ,とりわけ無過失責任の判例法形成に重要な影響を与えた。しかし他面では判事の恣意を警戒し,自然法の枠組み(内容は時代により相違しうる)を法的安定のよりどころとする点でドイツの歴史法学とは一線を画する。…

※「interprétation évolutive」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone