コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

jamā‘a jamaa

世界大百科事典内のjamā‘aの言及

【イスラム】より

…しかし,ムハンマドの宗教的権限を継承したものは,理論的にはムスリム全体のイジュマー(合意)であって,実際には,それはウラマー,なかでもムジュタヒドのイジュマーにゆだねられる。今日われわれがスンナ派と呼ぶものは,中世ムスリムの文献では普通〈スンナとジャマーア(全体)の民ahl al‐sunna wal‐jamā‘a〉と書かれていた。この名から明らかなように,スンナ派はまず多数派でなければならず,同時にウラマーが,イジュマーの結果としてスンナ(確立された慣行)と認めるところを,受け入れるものでなければならなかった。…

※「jamā‘a」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

jamā‘aの関連キーワードスンナ派