コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バクリー バクリー al-Bakrī, Abū Ubayd

2件 の用語解説(バクリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクリー
バクリー
al-Bakrī, Abū Ubayd

[生]1040
[没]1094
スペインイスラム教徒地理学者。著書に旅行記風の地理書『諸道諸国記』 al-Masālik wa al-Mamālikや『コーラン』,古詩中の地名を集めた『地名辞典』 Mu`jam mā ista`jamがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バクリー【al‐Bakrī】

?‐1094
西方イスラム世界の地理学者としてイドリーシーとともに有名。イベリア半島に割拠した群小諸王の一人であるイッズ・アルダウラを父として生まれ,早くから才能の頭角を現すセビリャコルドバなどに移り住むが,生涯アンダルス以外の地に行かなかったと考えられる。彼の代表作《道里および諸国記》は,マグリブとアンダルスが中心の地理書であるが,人から聞いた知識や書物から得た情報も多い。神学や植物学の著作もある。【私市 正年】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バクリーの関連キーワードイスタフリーイスラム哲学イドリーシー汎イスラム主義イブン・ハウカルイブン・バーッジャディーナワリーバルヒーイスラム世界イスラム世界会議

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バクリーの関連情報