バクリー(英語表記)al-Bakrī, Abū Ubayd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バクリー
al-Bakrī, Abū Ubayd

[生]1040
[没]1094
スペインのイスラム教徒の地理学者。著書に旅行記風の地理書『諸道諸国記』 al-Masālik wa al-Mamālikや『コーラン』,古詩中の地名を集めた『地名辞典』 Mu`jam mā ista`jamがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バクリー【al‐Bakrī】

?‐1094
西方イスラム世界の地理学者としてイドリーシーとともに有名。イベリア半島に割拠した群小諸王の一人であるイッズ・アルダウラを父として生まれ,早くから才能の頭角を現す。セビリャやコルドバなどに移り住むが,生涯アンダルス以外の地に行かなかったと考えられる。彼の代表作《道里および諸国記》は,マグリブとアンダルスが中心の地理書であるが,人から聞いた知識や書物から得た情報も多い。神学や植物学の著作もある。【私市 正年】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バクリーの関連情報