コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼンキン連合 ゼンキンれんごう

世界大百科事典 第2版の解説

ゼンキンれんごう【ゼンキン連合】

正称も同じ。連合の加盟組合。1946年9月,総同盟の組織方針にそって発足,第2次大戦後の荒廃のなかで,生産復興運動,失業対策,労働関係法の促進・改善につとめてきたが,左派との対立が生じ,50年10月分裂・解散,51年3月金属産業別組織の樹立を目ざして全金同盟(全国金属産業労働組合同盟)として再建,民主的労働運動の拠点として,長期賃金政策策定,共済事業活動の実践,労使協議制の充実と労使関係の民主化,国際連帯活動の強化,生産性向上運動等に実績をあげている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のゼンキン連合の言及

【金属機械】より

…50年7月の総評結成にあたって,鉄鋼,造船,一般機器などの労働者で組織されていた全金同盟は解散大会を開き中産業別組織に切り替えたが,その際,総評加盟反対派を除き,一般機器の労組を中心に同年10月全国金属(全国金属労働組合)が結成された。結成大会をめぐる左右対立で組織の1/3が退場,これ(右派)がのちの全金同盟(現在,ゼンキン連合)となる。51年総評事務局長に高野実を送る。…

【労働組合】より

…(2)多数の業界に所属する主として中小企業の組合を産業別に組織している型。全金同盟(現,ゼンキン連合),総評・全国金属(現,金属機械),合化労連,全化同盟(現,CSG連合),食品労連(全日本食品労働組合連合会)などがこれであり,加盟組合が多業種にわたるため,多くはその中に業種別部会を設けている。(3)業種・産業に関係なく,中小企業の組合を加盟させている型。…

※「ゼンキン連合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼンキン連合の関連キーワードものづくり基盤技術振興基本法全日本金属産業労働組合協議会金属機械

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android