コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤークート ヤークート Yāqūt ibn `Abdullāh al-Rūmī

4件 の用語解説(ヤークートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤークート
ヤークート
Yāqūt ibn `Abdullāh al-Rūmī

[生]1179. アナトリア
[没]1229.8.20. アレッポ
イスラム地理学者。両親はギリシア人バグダードの豪商に奴隷として買われ,そこで教育を受けたのち,解放されて各地を旅行した。主著に,地理上の知識,歴史,民族学,自然科学の記述を含む『地理学辞典』 Mu`jam al-Buldān,学者,文学者の人名を集めた『人名辞典』 Mu`jam al-Udabā'がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヤークート(Yāqūt al-Rūmī)

[1179~1229]イスラムの地理学者。小アジア生まれ。奴隷にされ、解放されたのちアラビア地理学辞典の「諸国集成」を完成した。「文人集成」などの著作もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヤークート【Yāqūt】

1179‐1229
ムスリム地理学者。ビザンティン領アナトリア(ルーム)で生まれ奴隷とされたが,後に解放され商業を営む。各地を広く旅する一方,学問を深めた。地理学に関する先人の業績をまとめた成果が,有名な地名辞典《諸国集成Mu‘jam al‐buldān》であるが,歴史地理研究の最も重要な資料となっている。このほかに言語・文学に関連する学者の伝記辞典もある。その百科全書的知識は,オリジナリティはないが,きわめて有用な著作を生み出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤークート
やーくーと
Yqt al-Rm
(1179―1229)

イスラムの地理学者。ギリシア人を両親とし、アナトリアに生まれる。奴隷としてハマーシリア南西部)の豪商に売られ、主人によりヤークート(紅玉)と命名された。取引に従事し、自由の身に解放されると、独立して書店を営み、著述を始めた。放浪の旅に出てペルシアに滞在中、チンギス・ハンの率いるモンゴル軍の侵入にあい避難する。メルブマリー)の図書館出入りするうち、1218年に地理学辞典『諸国集成』の編纂(へんさん)に着手し、各地を転居しながら1224年に完成させた。アラブ文学関係の文人伝記集『文人集成』、アラブ諸部族の系譜を集めた『系譜集成』などの著作がある。散逸して現存しない古書からの引用が多く、その価値が倍加されている。[佐藤圭四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤークートの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチン教会スリムスカートビザンチン式ビザンティウムビザンティン音楽ルーメリアビザンティン・グラスビザンティン式