コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

knock knock

翻訳|knock

世界大百科事典内のknockの言及

【ノッキング】より

…単にノックknockともいう。ガソリンエンジンなどの火花点火機関において起こる異常燃焼の一種。正常な燃焼による火炎が到達する前に,末端の燃料,空気混合気が自発発火することによって起こり,急激な燃焼による大きな圧力変動のために金属性の打撃音が発生するのでこの呼名がある。激しいノッキングは出力低下を招くばかりでなく,機関の損傷をひき起こすので,ノッキングの回避は火花点火機関では重要な課題である。また負荷の大きい(発生トルクの大きい)ところで起こりやすいので,機関の出力に制約を与えることにもなる。…

※「knock」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

knockの関連キーワードGENERATIONSfromEXILETRIBEレイ(Nicholas Ray)アイ・ヒア・ユー・ノッキング3、1、2とノックせよノック・オン・ウッドseat knockシリル キューサックスリーノックダウン制ハービ カイテルトミーノッカーズアンチノック剤ド・クインシーA. ペートンチャップリンシートノック死者のノックツイ・ハークノックバット扉の向こう側マローン御難

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

knockの関連情報