コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

natura natura

世界大百科事典内のnaturaの言及

【自然】より

…その後〈天地〉や〈万物〉に対して,この〈自然〉という言葉が直ちにとって代わるということはなかったが,しかし徐々に,今日の自然科学がとり扱うような外界の対象一般に対して〈自然〉という言葉が用いられるようになった。 ところでそもそも英語のnatureやオランダ語のnatuurのもとはといえば,それはラテン語のナトゥラnaturaで,このナトゥラはギリシア語のフュシスphysisの訳である。フュシスは〈生まれる,生じるphyomai〉という動詞から派生した,おのずと生じたもの一般を意味し,人工の規則や慣習であるノモスnomosに対する。…

【フュシス】より

…ラテン語ではnaturaと訳され,したがって現代ヨーロッパ語でもnature,Naturなどと訳されるギリシア語。ギリシア哲学におけるこの語の最古の用例はヘラクレイトスの断片に見ることができるが,それによれば,〈もの〉の〈本来あるがままの姿〉〈真実あるがまま〉を意味する。…

※「natura」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

naturaの関連キーワードアグリコラ(Georgius Agricola)Introduction to~natural highギヨーム[サンチエリ]クンツェウィチョーワラプラタの博物学者スーパーナチュラル自然の区分について物の本質についてナチュラルメーク国際天然繊維年ルクレティウス自然は飛躍せずエピクロス主義ナチュラル検索ナデージジンNAエンジンルクレチウス産出的自然カロジェロ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

naturaの関連情報