コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然の区分について しぜんのくぶんについてDe divisione naturae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然の区分について
しぜんのくぶんについて
De divisione naturae

創造を主題とするエリウゲナの主著 (867) 。彼は自然 naturaを (1) 創造されず創造するもの,(2) 創造され,みずからもまた創造するもの,(3) 創造されるが創造はしないもの,(4) 創造もされず創造もしないもの,に区分する。 (1) は万物の始源としての神,(2) は神の内なる形相因としてのもろもろのイデア,(3) はそのもろもろのイデアを分有する存在者であり,人間は (3) に属する。神から離れ去った人間が神的本性に合一するのは死と復活を介した神の救いとしての回帰 reversioによるが,この霊的上昇の終局としての神が (4) の naturaである。新プラトン主義なかんずくディオニュシオス偽書の影響の大きいこの形而上学的宇宙論は,永遠の創造と時間的存在との関係など教義上の問題を解明しえず,理性を権威より重んじたなどの理由により異端とされたが,キリスト教哲学が無視できない論点をもち後世への影響も大きかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自然の区分についての関連キーワードスコトゥス・エリウゲナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android