ニューキノロン

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐キノロン

《〈和〉new+quinolone》ピリドンカルボン酸が付加した構造をもつ合成抗菌薬の総称。第一世代のキノロン系抗菌剤を改良したもので、抗菌力が強化され、抗菌範囲が広くなっている。キノロン骨格にフッ素が付加されていることから、フルオロキノロンとも呼ばれる。ニューキノロン系抗菌剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニューキノロンの関連情報