キノロン系抗菌剤(読み)キノロンけいこうきんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キノロン系抗菌剤
キノロンけいこうきんざい

化学療法剤のなかでも最近その有用性が認められ,数多くの開発が進められている抗菌剤。尿路感染に有効であったナリジクス酸誘導体のキノロン環にフッ素原子を導入したことにより,抗菌スペクトルが広がり抗菌力も増加し,さらに生体組織への薬剤移行も良好となった。シプロフロキサン,オフロキサン,ノルフロキサンなどが開発され,ブドウ球菌,連鎖球菌,腸球菌,淋菌,大腸菌,緑膿菌などの細菌に殺菌的に作用し,呼吸器感染症,泌尿器系感染症,消化器系感染症などに用いられている。これらの薬剤はニューキノロンと呼ばれている。一般に通常の抗菌剤 (ペニシリン系,セフェム系) より薬剤耐性ができにくいといわれているが,最近になって耐性菌の出現が報告されている。さらに,非ステロイド性抗炎症剤との併用による副作用の懸念も指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android