petit motet(英語表記)petitmotet

世界大百科事典内のpetit motetの言及

【モテット】より

… バロック時代のモテットは,一面ではルネサンスの合唱様式を継続するとともに(J.J.フックス,J.S.バッハら),通奏低音に支えられ,オブリガートの旋律を奏する楽器や管弦楽を伴う独唱,重唱のカンタータ風の作品も現れた(シュッツの《シンフォニエ・サクレ》)。なおフランスでは,独唱者と通奏低音のための作品を小モテットpetit motetと呼び,独唱者(群),合唱,管弦楽を駆使した大規模な作品を大モテットgrand motetと呼んで区別した。 18世紀後半以降,モテットの作風には和声的な語法がいっそう繊細になったことと,コロラトゥーラの声の妙技が入りこんできたこと以外,とくに新しい傾向はみられない。…

※「petit motet」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android