コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュロン デュロン Dulong, Pierre-Louis

4件 の用語解説(デュロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン
デュロン
Dulong, Pierre-Louis

[生]1785.2.12. ルーアン
[没]1838.7.19. パリ
フランスの化学者,物理学者。初め開業医。のち C.ベルトレの助手などを経て,エコール・ポリテクニク教授 (1820) ,同校長 (30) 。 1813年の三塩化窒素の発見などの化学的研究ののち物理学の研究に移り,主として熱現象を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュロン

フランスの化学者,物理学者。パリで医者を開業,のちベルトレの助手となり,1820年エコール・ポリテクニク教授,1830年同学長。塩化窒素NCl3を発見,その際,爆発により片目と3本の指を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

デュロン【Pierre Louis Dulong】

1785~1838) フランスの化学者・物理学者。デュロン-プティの法則を発見。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュロン
でゅろん
Pierre Louis Dulong
(1785―1838)

フランスの化学者、物理学者。ノルマンディーの主都ルーアンに生まれる。革命とナポレオンの時代に少・青年期を過ごした。彼は医学を学び、パリの貧民街で医者をしていたが、のち化学研究に興味をもち、ベルトレの助手となった。初めリンや窒素の酸素化合物を研究し、1813年、爆薬三塩化窒素を発見した。1815年、酸の特質は水素にあると述べ、酸の水素説を主張した最初の一人となった。1819年プチとともに、13種の固体元素についてその比熱と原子量の積がほぼ一定になること(デュロン‐プチの法則)を発見した。のちにこの法則は低温では成立しないことが明らかとなり、アインシュタイン量子仮説に基づいてこれを説明、量子論の強力な実験的証拠となった。1820年理工科大学校(エコール・ポリテクニク)教授、1830年同校長となった。[常盤野和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュロンの関連キーワードルーアン大聖堂キューアンドエーシーアンカーローアングルサーターアンダギーオーヴァー・アンド・オーヴァーN.W.エイヤー・アンド・サン[会社]ドルーアン,R.ルーアン[種]アンダーアーム

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュロンの関連情報