デュロン(英語表記)Dulong, Pierre-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュロン
Dulong, Pierre-Louis

[生]1785.2.12. ルーアン
[没]1838.7.19. パリ
フランスの化学者,物理学者。初め開業医。のち C.ベルトレの助手などを経て,エコール・ポリテクニク教授 (1820) ,同校長 (30) 。 1813年の三塩化窒素の発見などの化学的研究ののち物理学の研究に移り,主として熱現象を研究。水銀温度計および冷却法則に関する A.プチとの共同研究で,18年にパリ科学アカデミーから表彰された。また固体元素の比熱に関するデュロン=プチの法則 (19) は,原子量決定の有効な方法としてのちに高く評価された。ほかに J.ベルセーリウスとの液体密度に関する研究 (20) ,J.テナールとの気体反応に用いる金属触媒の研究,気体の屈折率の研究 (26) ,気体の比熱の研究 (29) ,F.アラゴとの高温下における蒸気の弾性の研究 (30) ,化学反応熱の研究 (38) などが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デュロン

フランスの化学者,物理学者。パリで医者を開業,のちベルトレの助手となり,1820年エコール・ポリテクニク教授,1830年同学長。塩化窒素NCl3を発見,その際,爆発により片目と3本の指を失った。1819年にプティとともにデュロン=プティの法則を発見。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

デュロン【Pierre Louis Dulong】

1785~1838) フランスの化学者・物理学者。デュロン-プティの法則を発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュロン
でゅろん
Pierre Louis Dulong
(1785―1838)

フランスの化学者、物理学者。ノルマンディーの主都ルーアンに生まれる。革命とナポレオンの時代に少・青年期を過ごした。彼は医学を学び、パリの貧民街で医者をしていたが、のち化学研究に興味をもち、ベルトレの助手となった。初めリンや窒素の酸素化合物を研究し、1813年、爆薬三塩化窒素を発見した。1815年、酸の特質は水素にあると述べ、酸の水素説を主張した最初の一人となった。1819年プチとともに、13種の固体元素についてその比熱と原子量の積がほぼ一定になること(デュロン‐プチの法則)を発見した。のちにこの法則は低温では成立しないことが明らかとなり、アインシュタインが量子仮説に基づいてこれを説明、量子論の強力な実験的証拠となった。1820年理工科大学校(エコール・ポリテクニク)教授、1830年同校長となった。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android