コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラランド

百科事典マイペディアの解説

ドラランド

フランスの作曲家,オルガン奏者。ラランドとも。いわゆる〈ベルサイユ楽派〉を代表する大作曲家の一人で,モテットの発展に寄与した。パリに仕立て屋の子として生まれ,少年聖歌隊で音楽を習得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラランド【Michel‐Richard Delalande】

1657‐1726
フランスの作曲家。1683年からフランス国王の礼拝堂楽長,89年から室内音楽隊総監督を務め,宗俗両面で宮廷音楽の支配権を掌握した。70曲を超えるグラン・モテgrand motetの作曲家として知られる。ベルサイユ楽派のモテット(モテ)の頂点に立つとされる彼のグラン・モテは壮麗な様式を採りつつ合唱の間に独唱や重唱を挿入したもので,ドイツの教会カンタータの形に近づいている。《深き淵より》《ミゼレレ・メイ》《レジナ・チェリ》などがあり,それらは,国王の礼拝堂のために作曲されたが,1725年以降は,コンセール・スピリチュエルでも演奏され,聴衆の好評を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドラランドの言及

【カンプラ】より

…1694年パリに出,1723年よりルイ15世治下の王室礼拝堂楽長,30年よりオペラ座の総監督を務めた。彼の本領はオペラ・バレエopéra‐balletにあるが,宗教音楽の分野でも,ドラランドM.R.Delalande(1657‐1726)のあとを継いでカンタータ風モテットmotet‐cantateの確立に貢献した。作品には,オペラ・バレエ《恋のヨーロッパ》(1697初演),《ベネチアの祭り》(1710)など。…

※「ドラランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドラランドの関連キーワードコンセール・スピリチュエルルイ[14世]12月15日クープランカンプラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android