小市民(読み)ショウシミン

大辞林 第三版の解説

しょうしみん【小市民】

小さな資本・生産手段を所有しつつ自ら労働する商工業者・農民。広くは、社会の中間層・ホワイト-カラー層をも含む。その社会的性格は保守的であるが、緊張した政治状況のなかでは過激な行動をとったり、ファシズムの基盤となったりするといわれる。中産階級。プチ-ブルジョア。プチ-ブル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐しみん セウ‥【小市民】

〘名〙 (petit bourgeois の訳語) 資本家と労働者の中間に属する人。意識面では資本家に近いが、経済的には労働者の活に近い。都市の自営業者や、農民などで小資本を有する人など。プチブル。〔アルス新語辞典(1930)〕
※街の物語(1934)〈榊山潤〉「たとへ大した財産ではないとしても、小市民の暮らし方をしてゐれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小市民の関連情報