小市民(読み)ショウシミン

大辞林 第三版の解説

しょうしみん【小市民】

小さな資本・生産手段を所有しつつ自ら労働する商工業者・農民。広くは、社会の中間層・ホワイト-カラー層をも含む。その社会的性格は保守的であるが、緊張した政治状況のなかでは過激な行動をとったり、ファシズムの基盤となったりするといわれる。中産階級。プチ-ブルジョア。プチ-ブル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小市民の関連情報