piers

世界大百科事典内のpiersの言及

【埠頭】より

… 旅客,貨物がこの空間を通過するのに,多くの時間と費用と労力を要するので,船舶の種類,輸送の対象物に合わせて位置,形状ならびに諸施設の種類と規模を定め,これらを合理的に配置しなければならない。埠頭の形状は,係船岸が水際線に平行な平行式埠頭wharvesと,直角な突堤式埠頭piersに大別されるが,このほか,特殊なものとして水門または閘門(こうもん)でくぎられたドック式埠頭がある。平行式埠頭は,背後地が広くとれるので,コンテナー埠頭やフェリー埠頭,また,大量の原材料を積卸しする工業港湾に適している。…

※「piers」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

piersの関連情報