qaṣaba(笛)(英語表記)qasaba

世界大百科事典内のqaṣaba(笛)の言及

【ネイ】より

…またイランの古典音楽では,この一般的な奏法に加えて,歌口をすっぽりと口中に入れて,上唇と上の前歯の間で歌口の一端を支え,舌と前歯の間隙から呼気を吹きつける独特な奏法が用いられる。 なおアラビア語ではこの笛をカサバqaṣaba,ガスバghaṣba,またはクッサーバquṣṣābaとも呼ぶが,これらの名称もアラビア語で〈アシ〉を意味する。また民俗音楽に用いられる短いネイをアラビア語でシャッバーバshabbābaと呼ぶことがある。…

※「qaṣaba(笛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android