コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

société en nom collectif societeennomcollectif

世界大百科事典内のsociété en nom collectifの言及

【合名会社】より

… 沿革的には,中世イタリアにおいて数人の相続人が家父の遺業を従来の商号のもとに共同で継続するために組織した家族団体compagniaから発達したものであり,合名会社に関する最初の立法は1673年のフランス商事条例であるといわれている。合名会社なる名称の由来は1807年のフランス商法典が,合名会社をsociété en nom collectif(合名の会社)と称したことによる。フランスでは現在でも,すべての社員の名をもって,または1人または数人の社員の名にet compagnieの語を付したものを合名会社の商号としている。…

※「société en nom collectif」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

société en nom collectifの関連キーワード市民社会ローヌ・プーラン[会社]カルメンという名の女イポリットゲミストス・プレトンテイヤール・ド・シャルダンデュフレンヌバザンバシリウス1世フィロン[アレクサンドリア]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android