コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

tan

大辞林 第三版の解説

tan

〖tangent〗
タンジェント。三角関数の正接。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のtanの言及

【三角関数】より


[三角比]
 ∠C=90゜の直角三角形ABCにおいて,次の6個の比の値は,角Aの大きさのみで定まり,直角三角形ABCの大きさには無関係である(図1)。これらの比の値を,それぞれ角Aの正弦(サインsine,記号sin),余弦(コサインcosine,記号cos),正接(タンジェントtangent,記号tan),余接(コタンジェントcotangent,記号cot),正割(セカントsecant,記号sec),余割(コセカントcosecant,記号cosec)といい,これらを総称して三角比という。次に述べる三角関数は三角比の概念の拡張であって,角θが鋭角(0゜<θ<90゜)の場合は上の三角比の定義と一致する。…

※「tan」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

tanの関連キーワードトイ・マンチェスター・テリア[種]ラグランジュの法則(光学)モール‐クーロンの破壊基準ヘルムホルツの式(光学)イオンプレーティングタッシリ・ナジェールあの娘とスキャンダルフレネルの反射公式クーロンの破壊基準オーウェンブリッジブルースターの法則アポストロフィーラフィダ アジズブルースターの角こう配(勾配)クーロンの公式V. ボゴラス佐々木ゆりあ斜面[物理]モルドビン語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

tanの関連情報