コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ēchos echos

世界大百科事典内のēchosの言及

【楽譜】より

…ビザンティンの記譜法は,およそ9~12世紀(初期),12~15世紀(中期),15世紀以後(後期)の3期に分けられ,中期のものが最も注目に値する。これは曲頭にその曲のエーコスēchos(旋法)が示され,これによって明らかになる開始音から,前の音との音程関係が次々に示されていく。たとえば,ファ‐ファ‐ミ‐ファ‐ラ‐レ‐レという旋律は,ファ‐同度‐下2度‐上2度‐上3度‐下5度‐同度というぐあいに表示される。…

※「ēchos」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ēchosの関連キーワードパンチェン・ラマローエルセラ寺プトン蒙古大蔵経レクスプレス

ēchosの関連情報