《ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン》(読み)にゅーよーくへらるどとりびゅーん

世界大百科事典内の《ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン》の言及

【ニューヨーク・トリビューン】より

…《ニューヨーク・タイムズ》との競合もあって,1912年レードの息子オグデンの代に紙面の現代化が行われた。24年《ニューヨーク・ヘラルド》と合併,《ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンThe New York Herald‐Tribune》と改題した。58年J.H.ホイットニーが500万ドルで買収し,66年《ジャーナル》《ワールド》との合併を画策したが成功せず,消滅した。…

※「《ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android