コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Amaru-śataka》 Amarusataka

世界大百科事典内の《Amaru-śataka》の言及

【アマル】より

…生没年不詳。100頌から成るサンスクリット恋愛抒情詩《アマル・シャタカAmaru‐śataka(アマル百頌)》の作者。伝記は不明だが,伝説によれば有名な哲学者シャンカラが,真実の愛を知るため呪術によってカシミールの王アマルの体内に入り,後宮の婦人100人と交わってその経験した愛の情緒をこの各詩に表現したのだという。…

※「《Amaru-śataka》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Amaru-śataka》の関連キーワードアマルマユーラアマルトゥパク・アマル革命運動アタカ大機トゥパマロス民族解放運動バーナマートリチェータマユーラペルー日本大使公邸人質事件

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android