コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【うん】寿平 うんじゅへい

百科事典マイペディアの解説

【うん】寿平【うんじゅへい】

中国,清初の文人画家。四王呉【うん】の一人。寿平は字で,名は格,号は南田のほか白雲外史など。【うん】氏は毘陵(びりょう)の名族で明の滅亡後清朝には仕えず,父とともに貧困の生活を送った。詩書画ともにすぐれ,〈毘陵六逸〉の一人に数えられた。山水画花鳥画をよくし,特に着色没骨(もっこつ)の写生的花鳥画は以後の清朝花鳥画の典型となった。
→関連項目椿椿山費丹旭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android