コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椿椿山 つばき ちんざん

8件 の用語解説(椿椿山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

椿椿山

江戸後期の文人画家。江戸生。名は弼、字は篤甫、別号に琢華堂・休菴・羅漢等。幕府の槍組同心をつとめ、文武ともに優れた。画は金子金陵渡辺崋山に師事する。柔軟な筆と温雅な彩色による画調に特質があり、肖像画と花鳥画に優れた。俳諧・煎茶にも通じた。安政元年(1854)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つばき‐ちんざん【椿椿山】

[1801~1854]江戸後期の南画家。江戸の人。名は弼(ひつ)。別号、休庵・琢華堂など。初め金子金陵、のち渡辺崋山に学ぶ。画風は穏やかで、花鳥画・肖像画にすぐれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

椿椿山【つばきちんざん】

江戸末期の南画家。名は弼,字は篤甫,忠太と称す。椿山は号。幕府の槍組(やりぐみ)同心で,画は金子金陵に学び,金陵没後兄弟子渡辺崋山についた。穏やかな作風で,肖像画【うん】寿平風の花鳥画を得意とした。
→関連項目立原杏所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椿椿山 つばき-ちんざん

1801-1854 江戸時代後期の画家。
享和元年6月4日生まれ。幕府の槍組(やりぐみ)同心。金子金陵(きんりょう),渡辺崋山(かざん)にまなび,蛮社の獄で逮捕された崋山の救援につくす。花鳥画,肖像画を得意とした。嘉永(かえい)7年9月10日死去。54歳。江戸出身。名は弼(ひつ)。字(あざな)は篤甫(とくほ)。通称は忠太。別号に琢華堂(たつかどう)など。作品に「高久靄厓(たかくあいがい)像」「蘭竹図屏風(びょうぶ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

つばきちんざん【椿椿山】

1801‐54(享和1‐安政1)
江戸末期の文人画家。名は弼,字は篤甫。琢華堂,椿山などはその号。江戸小石川牛天神に住む。幕府の槍組同心で,絵を金子金陵に学んだが,金陵没後,同門の先輩渡辺崋山に師事し,後には明から清にかけて徐崇嗣,惲南田(うんなんでん),張秋谷と継がれた着色花鳥画の伝統を取り入れ,自らの様式を完成した。また崋山の得意とした肖像画も継承発展させた。蛮社の獄(1839)で逮捕された崋山の赦免運動に中心となり,崋山没後もその遺族をよく後見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つばきちんざん【椿椿山】

1801~1854) 江戸末期の南画家。江戸の人。名は弼ひつ、字あざなは篤甫。金子金陵・渡辺崋山に師事。惲南田うんなんでんの画風を慕い、没骨もつこつ法による花鳥画を主に描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椿椿山
つばきちんざん

[生]享和1(1801).6.4. 江戸
[没]安政1(1854).7.13. 江戸
江戸時代後期の南画家。名は弼 (ひつ) ,字は篤甫。号は休庵,琢華堂,椿山ほか。幕府の槍組同心で刀槍乗馬にすぐれた。絵は初め金子金陵に師事し,師没後は渡辺崋山に学び,穏やかで品格高い花鳥画,肖像画を描いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椿椿山
つばきちんざん
(1801―1854)

江戸後期の南画家。名は弼(ひつ)、字(あざな)は篤甫(とくほ)、通称は忠太。号は椿山のほかに琢華堂(たくかどう)、休庵(きゅうあん)など。幕府の槍組同心(やりぐみどうしん)で、画(え)とともに武術にも優れていた。画は初め金子金陵に学び、1817年(文化14)金陵が亡くなると同門の渡辺崋山(かざん)についた。崋山は椿山を信頼し、椿山もまた、蛮社(ばんしゃ)の獄(ごく)(1839)で崋山が逮捕されたときには、その救援活動の中心となって奔走するなど崋山の信頼にこたえた。画は南田(うんなんでん)や張秋谷(ちょうしゅうこく)風の花鳥画を得意とし、また崋山に倣って肖像画もよくしたが、まじめで穏やかなその作風は椿山の人柄をしのばせる。代表作に『高久靄(たかくあいがい)像』、『蘭竹図屏風(らんちくずびょうぶ)』(大倉集古館)がある。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の椿椿山の言及

【渡辺崋山】より

…そのため崋山は在所蟄居(ちつきよ)を命ぜられ,2年後に在所田原で自殺した。門下に崋山の肖像を描いた椿椿山(つばきちんざん)や岡本秋暉(しゆうき)らがいる。代表作に《鷹見泉石像》(国宝,東京国立博物館),《千山万水図》(重文)など,また著書に《慎機論》《西洋事情御答書》などがある。…

※「椿椿山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

椿椿山の関連キーワード新井寒雪岩井正斎小倉東渓小田昂斎画猫道人小浦松園泉鉄西村南渓村梅岳森嶰谷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

椿椿山の関連情報