没骨(読み)もっこつ(英語表記)mo-gu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

没骨
もっこつ
mo-gu

国画における彩色画法の一つ。中国の伝統的,基本的画法は,形態を描線でくくって色彩を施し,骨法を明らかにすることであったが,漢・魏・六朝時代すでに輪郭線を描かないで,直接に色彩で描いた山岳図の作例があり,この画法が隋・唐時代に及んだものとみられる。唐末,北宋頃は山水画にも没骨の手法が取入れられたと推測される。没骨画法が十分な表現効果をみせたのは北宋初め,江南の徐氏 (→黄・徐二体 ) の花鳥画で,氏の勾勒填彩 (こうろくてんさい) 画法とともに,長く中国花鳥画を支配した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もっこつ【没骨 mò gǔ】

中国における絵画の技法の一つで,対象の形態の輪郭を筆線(骨)で括(くく)ることなく,彩色あるいは墨で描くことをいう。本来は,彩色中心の手法で,六朝の梁の張僧繇(ちようそうよう),唐の楊昇らにその作があったと伝えるが,五代以後,花鳥画の技法として安定し,徐熙の孫である徐崇嗣の没骨画が有名である。水墨の没骨は藻魚図などによく用いられるが,これは彩色の没骨画のモノクロームのバリエーションと考えられる。【戸田 禎佑】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼっ‐こつ【没骨】

〘名〙 =もっこつ(没骨)〔現代術語辞典(1931)〕

もっ‐こつ【没骨】

〘名〙 東洋画の技法の一つ。輪郭の線を描かないで、直接に水墨や彩色でくまどりを主にして対象を描き表わすもの。花鳥画に多く見られる技法で、軽淡・清麗であることが特色といわれる。中国・五代の画家、徐熙(じょき)によって創始され、その孫徐崇嗣が色彩のぼかしを水墨にかえる技法を完成し、北宋花鳥画に大きな影響を与えた。没骨法。没線(ぼっせん)描法。ぼっこつ。
※墨汁一滴(1901)〈正岡子規〉四月二三日「光琳の画の第一の特色は〈略〉没骨的なる処に在り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の没骨の言及

【日本画】より

…付立(つけたて)筆,面相筆,線描き筆,彩色筆,隈取筆などがある。付立筆は線描きや没骨(もつこつ)技法などに用途が広く,墨絵に便利。面相筆と線描筆は細い線を引くために用いる。…

※「没骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android