コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没骨 もっこつmo-gu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

没骨
もっこつ
mo-gu

国画における彩色画法の一つ。中国の伝統的,基本的画法は,形態を描線でくくって色彩を施し,骨法を明らかにすることであったが,漢・魏・六朝時代すでに輪郭線を描かないで,直接に色彩で描いた山岳図の作例があり,この画法が隋・唐時代に及んだものとみられる。唐末,北宋頃は山水画にも没骨の手法が取入れられたと推測される。没骨画法が十分な表現効果をみせたのは北宋初め,江南の徐氏 (→黄・徐二体 ) の花鳥画で,氏の勾勒填彩 (こうろくてんさい) 画法とともに,長く中国花鳥画を支配した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

没骨【もっこつ】

東洋画の一技法で,鉤勒(こうろく)の対。輪郭線を用いず,水墨や色彩,特にその隈取(くまどり)によって形体感を表現するもの。主として花鳥画に用いられる技法で,北宋の徐崇嗣が創始したと伝える。
→関連項目【うん】寿平相阿弥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もっこつ【没骨 mò gǔ】

中国における絵画の技法の一つで,対象の形態の輪郭を線(骨)で括(くく)ることなく,彩色あるいは墨で描くことをいう。本来は,彩色中心の手法で,六朝の梁の張僧繇(ちようそうよう),唐の楊昇らにその作があったと伝えるが,五代以後,花鳥画の技法として安定し,徐熙の孫である徐崇嗣の没骨画が有名である。水墨の没骨は藻魚図などによく用いられるが,これは彩色の没骨画のモノクロームのバリエーションと考えられる。【戸田 禎佑】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼっこつ【没骨】

もっこつ【没骨】

中国の絵画の技法の一。輪郭の線を描かず色の濃淡だけで描き表す方法。五代以後主に花鳥画に用いられた。徐氏体の特徴とされる。 → 勾勒こうろく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の没骨の言及

【日本画】より

…付立(つけたて)筆,面相筆,線描き筆,彩色筆,隈取筆などがある。付立筆は線描きや没骨(もつこつ)技法などに用途が広く,墨絵に便利。面相筆と線描筆は細い線を引くために用いる。…

※「没骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

没骨の関連キーワード勾勒・鉤勒・鈎勒新生児分娩損傷隈取(美術)菱田 春草頭蓋骨骨折頭蓋骨折雪窓普明島崎雲圃南唐文化菱田春草陥没骨折頭部外傷描き起し鉤勒塡彩院体画椿椿山脳裂傷趙之謙没骨法惲寿平

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

没骨の関連情報