コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あから目 アカラメ

デジタル大辞泉の解説

あから‐め【あから目】

一時、ほかへ目をそらすこと。よそ見。わき見。
「獅子(しし)は前に猿の二の子を置きて―もせず守りゐたる」〈今昔・五・一四〉
一時、ほかの異性に心を移すこと。浮気。
「いみじき色好みを、かく―せさせ奉らぬこと」〈宇津保・俊蔭〉
急に姿が見えなくなること。
「わが宝の君は、いづくに―せさせ給へるぞや」〈栄花・花山尋ぬる中納言〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あからめ【あから目】

〔「あから」は「別あかる」と同根か。「あから目」とも書く〕
目をふと横へそらすこと。わきみ。よそみ。 「頼信が-を仕り/今昔 27
ほかの女に心を移すこと。 「 -もせで添ひゐにける/大和 157
にわかに姿が見えなくなること。 「いづくにか-せさせ給へるぞや/栄花 花山

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

あから目の関連キーワード頼信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android