コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢力 セイリョク

デジタル大辞泉の解説

せい‐りょく【勢力】

他をおさえ、支配下におくいきおいと力。特に、国家や政党などの社会的な集団がもつ、他の集団をおさえる力。「勢力を伸ばす」「勢力が衰える」
エネルギー旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

せいりき【勢力】

山口の日本酒前身は海運業者で、酒名はそのときの持ち船の名。純米大吟醸酒純米酒本醸造酒、普通酒がある。蔵元の「中村酒場」は大正9年(1920)創業。所在地は周南市福川。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいりょく【勢力 power】

個人および集団(社会をも含む)が自己意思にかなう思考や行動のあり方を,他の個人や集団に実現させうる能力のこと。M.ウェーバーの古典的な定義では,この能力が〈Chance〉と表現されている。他者を自分の意思どおりに動かすためには,自己の能力を他者に承認させうるような相互関係,それも自己と他者との互恵・互酬的なものとは限らないような相互関係が成り立っていなければならない。そしてこの関係にもとづき,またはこの関係を形成する過程で,自己の意思にかなう思考や行動のあり方を他者に承認させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいりき【勢力】

せいりょく(勢力) 」に同じ。 「私の-極て大きにして/今昔 25

せいりょく【勢力】

〔古くは「せいりき」とも〕
他を押さえつける力。いきおいとちから。威力。 「 -を伸ばす」 「 -をふるう」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢力
せいりょく
power

他者(個人または集団)を自分の意志どおりに行動させることができる能力。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勢力の言及

【階層】より

…社会的資源はだれによっても望まれるものだから,その需要は大きくて供給は相対的に稀少であり,したがってその分配をめぐって競争や闘争の社会関係を生じ,そして結果としての分配は不平等となる。とりわけ勢力と威信のような関係財は,不平等分配であることにその固有の性質があることが注意されねばならない。
[階層的地位の諸指標]
 社会的諸資源の分配の量が,すなわち階層的地位の指標である。…

※「勢力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勢力の関連キーワードバランス・オブ・パワーパーニーパットの戦いカウンターバランスアラルコスの戦いダルル・イスラムコンゴ民主共和国カウンターパワーイスラム過激派楔を打ち込む分極化現象保守・革新統一ロシア中間勢力権門勢家補完勢力実効支配中道右派フォース勢力範囲武装勢力

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢力の関連情報