あるあるねた(読み)アルアルネタ

デジタル大辞泉「あるあるねた」の解説

あるある‐ねた

《「ねた」は「たね(種)」の逆さ読み》日常生活における事象見聞などで、多くの人の共感を得ることのできる話題。また、その話題で笑いをとる演芸のこと。
[補説]聞いた人に「よくある」「あるある」と思わせることから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android