コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いかず イカズ

デジタル大辞泉の解説

いか‐ず

《動詞「い(行)く」の未然形+打消しの助動詞「ず」から。近世上方語》
人情や情趣を解さないこと。また、その人。無粋。
「この里の恋と情けと…をまろめし中にも、あんな―もありける」〈浮・好色盛衰記〉
役に立たないこと。また、その物。無用。
「今迄手形箱にある―の古証文」〈浮・子息気質・二〉
いかず後家1」に同じ。
「皆、―の姉御を怖がり」〈・曲三味線・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかず

〔「行かず」の意〕
意地悪。ひねくれ者。 「横車とはな、-というておのれがやうな女の唐名よ/浄瑠璃・十二段長生島台」
役に立たない人や物。 「奈良の都に-の念者を見かぎり/浮世草子・男色大鑑 1
年頃を過ぎても結婚していない女性。 「皆、-の姉御をこはがり/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いかずの関連キーワード奈良県高市郡明日香村雷釣り合わぬは不縁の基自棄のやんぱち大山阿夫利神社ファイアボルト梅ヶ谷藤太郎賀茂別雷神社賀茂建角身命飛鳥浄御原宮賀茂御祖神社上賀茂六郷ふたがしら賀茂の御生斎子・忌子気を落とすべからずや上賀茂神社賀茂別雷命飛鳥岡本宮事志と違う

いかずの関連情報