コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いかず イカズ

2件 の用語解説(いかずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いか‐ず

《動詞「い(行)く」の未然形+打消しの助動詞「ず」から。近世上方語》
人情や情趣を解さないこと。また、その人。無粋。
「この里の恋と情けと…をまろめし中にも、あんな―もありける」〈浮・好色盛衰記〉
役に立たないこと。また、その物。無用。
「今迄手形箱にある―の古証文」〈浮・子息気質・二〉
いかず後家1」に同じ。
「皆、―の姉御を怖がり」〈浮・曲三味線・二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いかず

〔「行かず」の意〕
意地悪。ひねくれ者。 「横車とはな、-というておのれがやうな女の唐名よ/浄瑠璃・十二段長生島台」
役に立たない人や物。 「奈良の都に-の念者を見かぎり/浮世草子・男色大鑑 1
年頃を過ぎても結婚していない女性。 「皆、-の姉御をこはがり/浮世草子・風流曲三味線」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかずの関連キーワード沓穿かず心行かし西行被き如かず鳥居数中墨舟は水に非ざれば行かず水舟に入れば則ち没す舎屋永松カズ行かずの駒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いかずの関連情報